おいしい食事

豆と淹れ方で違うコーヒーの味

グルメな食事をしたあとは、おいしいコーヒーが飲みたくなるものです。
けれども、そのコーヒーの味がいまいちだったら、料理の印象までいまいちになってしまいます。

逆に、食後のコーヒーが素晴らしいものだったら、特にどうということもない食事だったとしても、グルメだったと感じることができるのです。

世のなかには、ブルーマウンテンやモカ、キリマンジャロなどのさまざまな種類がありますが、それぞれに風味が異なります。
高級な豆だからといって、必ずしもおいしいとは限らず、実際に飲んでみると「ふーん…。」っていう程度の印象しかないものも多いのです。

コーヒー豆は、高級であればあるほど、焙煎や保管方法、淹れ方に繊細な技術が必要となります。
豆とコーヒー職人の技術が組み合わさってこそ、最高においしいコーヒーが出来上がるものなのです。
高級なコーヒー豆だからといって、淹れ方がまずかったら、もはやそれはグルメではないというのがbuffalo-diningの持論でもあります。

では、逆に淹れ方がうまかったら、インスタントコーヒーでもおいしくなるかというとそういうわけでもないです。
やはり、インスタントというのは焙煎方法からして違うわけですので、その時点でもはやグルメではないのです。

また、保管方法が悪く、豆が酸化しているものもいまいちのケースが多いです。
ネット上の通販で購入する際は、コーヒー豆の種類だけではなく、焙煎方法にどの程度こだわっているかについても、チェックする必要があるでしょう。