おいしい食事

最高においしい和牛の選び方

「たまには最高においしい牛肉を食べたい!」

そう思って実際に購入しようとしても、和牛の知識がないとどれを購入したらよいか迷ってしまうものです。松坂牛とか神戸牛とか、黒毛和牛とかいろいろありますが、牛肉を選ぶ際の基準については人によって意見がわかれるところかと思います。

まず、牛肉の等級というのがあり、歩留等級でA~Cまで、肉質等級で5~1まで格付けされています。評価の良い方から順に、A→C、5→1となるので、A5の等級が最高でC1が最低になります。

ですので、まずは等級がA5の和牛を選択されるとよいかもしれません。

次に、産地、血統のブランドがあります。

国産と外国産の違いがまずあり、そして国産のなかでも、黒毛和牛とか褐毛和種などの違いがあります。なかでも黒毛和牛が人気となっていますが、松坂牛や神戸牛、米沢牛などのブランド牛による違いもあります。

加えて、部位による違いもあり、ステーキによいとされるサーロインやすき焼きなどに好まれるリブロース、あるいはロースやヒレ、バラ肉のカルビなど、すき焼きで食べるのか、焼き肉で食べるのか、あるいはステーキで食べるのかなどにより、最適な部位も異なってきます。

これらを総合的に考えますと、A5松坂牛のサーロインをステーキで食べるというのが、一番ぶなんなチョイスかもしれません。ただ、本当においしいかどうかは実際に食べてみないとわからないケースも多いです。

私は今回、A5リブロースを購入してすき焼きにして食べてみたのですが、けっこうな値段がしたものの、びっくりするぐらいおいしいという感じはしませんでした。確かに、やわらかくてとろけるような霜降りのお肉だったのですが、何かうまみが足りないような。

普段はカルビばかりで、霜降りを食べなれていない場合、高い値段を出したのに、期待はずれというケースもあるかもしれません。案外、霜降り和牛よりも、焼き肉用のカルビとかの方がおいしく感じられるかもしれませんので、肉のおいしさは値段ではなく、好みによって違ってくると思います。