おいしい食事

イタリアン料理の種類

イタリア料理の代表にはピザやパスタがあります。
ほかにも、日本人にはあまりなじみがありませんが、ロゼッタやフォッカチオなどのパンやミネストローネなどのスープ、カルパッチョのような肉料理やフリットのような魚料理などもすべてイタリアで生まれた料理です。
加えて、イタリア生まれのワインもイタリアン料理の重要な要素を担っています。

このなかでも、スパゲティなどのパスタ類は、日本人に特になじみ深いイタリアン料理のひとつといっても過言ではないでしょう。
スパゲティといえば、ミートソースなどの肉系パスタを想像する方も多いかと思いますが、海に囲まれた漁港がたくさんあるイタリアでは、シーフード系のパスタの方が種類も豊富だったりします。
地中海で捕れるタコやイカなどを使ったシーフードパスタをメニューにかかげているレストランが多かったりします。

このように、パスタの種類や具材などはバラエティに富んでいても、どのパスタにも共通するのはオリーブオイルとトマトです。
生クリームやバターなどもかなりの確率でイタリアン料理には登場しますが、オリーブオイルとトマトはイタリアの食事にかかせない食材のひとつとなっています。

ピザも忘れてはいけません。
日本にはバラエティに富んだピザのみを販売しているピザショップなども多いですが、イタリアン料理本場のイタリアでは、実はピザはスピーディに作ることができる家庭料理です。
ピザショップみたいなレストランなどはほとんどありませんが、生地の厚みがいろいろある点では本場イタリアも日本のピザも同じようです。